Squeezebox Touch の日本語表示

Logitech のネットワーク音楽プレーヤーである Squeezebox Touch は、なぜか日本では未発売である。時期にもよるようだが、現在は Amazon.com から購入することができる。6/16に注文して6/20にはもう到着した。

日本で未発売であるせいか購入時点では音楽データの中の日本語を表示することができず、日本語の部分は四角の枠として表示されてしまう。

これは単に、インストールされているフォントの問題であって、日本語の文字を含んだフォントファイルと置き換えれば日本語が表示される、というのはちょっと検索するだけですぐわかるし、手順についても同様である。Squeezebox Touch は Linux ベースのようで、ssh でログインすることができるので、情報さえあればそれほどややこしいことはない。

なので、何が問題かというと、どのフォントを入れるのが良いか、という点だ。

再生する音楽ファイルは、主に、クラシックと JPOP なので、日本語が表示できるというのはもちろんではあるが、ウムラウトなどアクセント記号を含んだラテン文字なども、見栄え良く表示してくれないと困るのである。

また、Squeeze Touch 内で使用されるのは、FreeSans と FreeSansBold というように、レギュラーとボールドの2書体が使用されるので、出来れば日本語のボールドの書体も揃っているフォントが望ましい。この条件をつけると、選択肢がぐっと狭まってしまう。

そんな条件で、色々と探して見つけたのが、MigMix(ミグミックス)フォントである。

日本語のボールド書体も備えており、不足する文字をIPAフォントから持ってきているので、表示可能な文字種に不足はないようだ。また、アクセント記号付きのラテン文字とのバランスも問題なさそう。

フォントの入替は、Squeeze Touch で ssh ログインを有効にし、下のようにフォントを scp でSqueezeTouch に転送してリネームすれば良い。もちろん、実行する際には、ディレクトリの実際の構造やファイル名などを確認してから作業することをすすめる。

$ scp MigMix-1P-regular.ttf  MigMix-1P-bold.ttf root@xxx.xxx.xxx.xxx:/usr/share/jive/fonts/
Password:XXXXXX
$ ssh root@xxx.xxx.xxx.xxx
Password:XXXXXX
# cd /usr/share/jive/fonts
# mv FreeSans.ttf FreeSans.ttf.orig
# mv FreeSansBold.ttf FreeSansBold.ttf.orig
# mv MigMix-1P-regular FreeSans.ttf
# mv MigMix-1P-bold.ttf FreeSansBold.ttf

IP アドレスとパスワードは伏字にしてある。Squeeze Touch のパスワードは、ssh ログインを有効にするときに本体画面に表示される。

最初は、複数のフォントをコピーしておいて、様子を見ながら切り替えて試していこうかと思ったのだが、思ったより本体の記憶容量が小さかったので断念した。MigMix フォントは上記の2ファイルの合計で6.5MB 程度なのであるが、それでもインストールしたらディスクの使用量が 20% 程度だったのが 50% を 超えてしまった。

使用感としては、日本語だけでなくラテン文字も含めて違和感なく、なかなかいい感じである。文字が横スクロールするときに、(おそらく処理が間に合わなくて)日本語の表示がやや乱れるが、ここは仕方のないところだろう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です