Avast! のメールシールド

先日、Avast! のメール検査が勝手にTLSを使う件について書いたが、その理解は正確ではないことがわかった。

Avast! 5 には「メールシールド」として、受信および送信メールの検査が行われる。Thunderbird のようなメールクライアントで SSL や STARTTLS を使うとメールの検査ができなくなるので、検査を行う場合はメールクライアント側では SSL や STARTTLS を使用しない設定にする。そのときは Avast! が SSL や STARTTLS のラッパーとして動作するのだ。

このラッパーの動作は Avast! 内のテーブルで定義され、通常は初回の接続時に自動で設定されるようだ。この自動設定は概ねうまくいく。

問題は、サーバの挙動が変化した時や、メールクライアントの設定を変更した時で、すでに存在する設定は自動的には再設定されない。なので、例えば、以前の送信設定でポート 25 を使っていたのをポート 587 に変更する場合など、メールクライアントの設定を変更しても、 Avast! の設定が以前のままで、サーバにはポート 25 で接続する、なんてことが起こりうる。

なので、Avast! でメールの検査を行っている場合、設定変更の際にはこのテーブルの内容の確認と設定を忘れないようにしたい。

このテーブルは Avast! の「リアルタイムシールド」-「メールシールド」-「詳細な設定」-「SSLアカウント」で確認および設定ができる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です